Pocket

 

あなたは自信をもって自分のことが「好きだ」と言えますか?

 

自分のことが「好きじゃない」「嫌いだ」と多くの人が感じています。

 

しかし、そのほとんどの人が自分のことを好きになりたいと考えています。自分を好きになれればいいことがたくさんあります。あなたは自分を好きになることで幸せになることができます。

 

でも、あなたをはじめとして、自分を好きになりたいと思っている人は何か自分を好きになれるような行動を起こしているのでしょうか?また、行動に移すと言ってもどんな行動に移せばいいのでしょう?

 

自分を好きになるための行動をあなたにお伝えします。そして今より幸せになりましょう。

 

 

 

 

自分を好きになりたいときにはどんな行動をとるべきか?

 

今、あなたは自分のことが嫌いです。でも心の中では自分のことを好きになりたいと思っているのです。

 

そもそもあなたはどうして自分のことが嫌いなのでしょうか?自分のどこが嫌いなのでしょうか?自分の容姿?もちろんそれもあるでしょうが、多くの人は自分の性格が嫌いだと考えている。

 

自分の性格が嫌いとはどういうことでしょう?

 

それは他人の幸せを妬んだり、失敗を喜んだり、それでいていい人を演じている自分自身に嫌気がさしている。誰しも人からは良く見られたいもの。でも実際のあなたの性格は自分で嫌いになる性格。そこに矛盾が生じているということ。

 

では、そんなあなたはどうすればいいのでしょうか?それには自分を好きになる行動を取っていくこと。

 

現在のあなたを認めてあげる

他人の不幸を喜んだり、幸せを妬んだり嫉妬したりするあなたを、いったん認めてあげましょう。なぜならよほど人間ができていない限りほとんどの人があなたと同じような感情を抱くもの。あなただけが特別人間性が悪いわけではないから。

 

厳しい競争社会を生きているあなたは知らず知らずのうちに他人と自分を比較する習慣がついています。勝ち負けで評価される社会で生きていると他人の失敗をつい喜んでしまうのは仕方ないこと。あなたが生き残っていくためにはそれがプラスの出来事だからです。

 

なので、必要以上に自分を責める必要はありません。自然な思考回路であり、その思考回路が作られたのはあなたのせいではないから。だから、今のあなたが嫌いな自分を一旦受け入れるのです。

 

自分の行動・思考を冷静に考える

あなたが日々生きている中であなたは知らず知らずのうちに無数の選択をしています。その選択の結果が今のあなたなのですが、ほとんどが無意識のうちの選択。またはその時のフィーリング、感覚での選択です。

 

その無意識、感覚での選択を意識してみてください。なんとなく決めていたことも「本当にこれでいいのか?」「この選択で間違っていないか?」と自分に問うことをしてみて欲しいのです。こっちを選んだ時はどうなるのだろう?と。

 

そうすることで、あなたとあなた自身がお互いに合意したことになり、すべての結果を受け入れることができます。あなたとあなた自身がわかりあえ、嫌いだったあなた自身のことが少しずつですが、好きになっていける。

 

自分を責めることをやめる

今は厳しい競争社会であり格差社会、そんな社会の中で生きているあなたは常に他人と自分を比較され、あなた自身もそうしてしまい、他人のいいところばかりが目に付いて、自分と比較し劣等感を抱いてしまう

 

そして「自分はどうしてこんなにダメなんだ・・・」と落ち込み、その後そんなふがいない自分を責めてしまう。そんなことをしていればあなたが自分のことを嫌いになってしまうのは当然。多くの人がそうして自分を嫌いになっています。

 

ではどうしたらいいか?自分を責めることをすぐにやめるのです。あなたは自分がダメな人間だ、と自分を責めていますが本当にあなたはダメな人間なのでしょうか?あなたは他人のいいところばかりを見つけ、自分に対しては劣っているところばかりを見つけようとしています。

 

人にはそれぞれいいところも悪いところもあり、完璧な人間はいません。隣の芝は青く見える、の理屈で人のことは良く思えるもの。そう理解して、人と自分を比べることをやめるのです。

 

あなたにはあなたのいいところが必ずあります。それは断言できます。あなたが他の人を見て「あの人は素晴らしい人、自分より優れている」と思うのと同じように、他の人はあなたを見てそう思っているはず、と言うかそう思っていると自分で理解する必要がある。

 

人の考えていることなんかわかりません。気にしても始まらないのです。

 

最後に

 

いかがでしょう?意識すれば実行に移せることではないですか。

 

現代を生きていくには強烈なストレスに身をさらさずにはいられません。そうした日々であなたは常に他人との競争を強いられ、評価され数字を付けられ、結果厳しい叱責を受けたりしています。それには終わりがありません。

 

その結果あなたは自分に自信を失い、自分を責めることとなり疲弊しストレスで神経をすり減らし、自分を嫌いになっている

 

今すぐ他人と自分を比較することをやめ、自分のことをよく考えて欲しい。あなたにも必ずいいところがあり、周りの人もそれに気づいています。あなたもそこに気づいて、そこだけ伸ばすようにすればいいのです。完璧な人はいません。何か一つでも自信が持てるものがあれば、意識も変わってきます。

 

それがあなたの自信となり、他人と自分を比較することから解放されるきっかけになります。

 

他人と自分を比較しなくなれば、あらゆることから解放され、物事が好転していきます。まずは向かうべき方向の軌道修正からで構わないから、意識をしましょう。

 

他人と自分の比較と言う精神的な縛りから解放されると、あなたは自然と幸せな道に向かって歩いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければご協力をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ