Pocket

 

仕事やプライベートでの人付き合いって結構気を遣いますよね。もともとそんなに人付き合いがいい方でもないし、どちらかと言えば一人でいる方が落ち着く・・・

そんなあなたですが、いざ休みの日に一人でいるとなんだか寂しくなって、人恋しくなる

だからと言って誰かと会うのも気を遣うし、それなら一人の方がまだまし、でもやっぱり寂しい、なんて考えたりすることありませんか?

まわりを見渡せば仕事もプライベートも充実してると、自慢話を聞かされて、私も充実させないと・・・なんて焦らされたり。

そんな時はどうしたらいいのでしょう?関わりたくないという気持ちの原因も含めて考えてみます。

 

 

 

 

寂しいと感じても人と関わりたくないと思うのはなぜか?

 

他人の目を意識して自分を作っている

今の社会で生きていくのはなかなかストレスが溜まるもの。自分の言いたいことを言って、やりたいようにやって生きている人はいるのでしょうか?

昔と比べて、会社でもプライベートでもいろんなことを気にして話したり、行動したりしないといけない。

例えばいろんなハラスメント。最近では「男だから男らしく、女性は女性らしく」と言っても問題になる。職場での口論やちょっとしたいざこざもよく見かけたが、今ならすぐにパワハラや事件と騒がれ、挙げ句の果てにネットで拡散されて会社の存続の危機にもなる時代。

そんな世の中で生きていくには、自分を完全に出して生きていくことは本当に難しい。どうしても周りとの調和、協調性を求められ組織の一員としての振る舞いが評価に大きく響いたり。

当然、あなたも本来の自分をさらけ出して生きることも難しく、どうしても周りが望む自分を作ってしまう。それがあなたを疲れさせてしまう原因に。

 

他人の評価ばかり気にしてしまう

どうしても今の世の中は人の評価が付いて回ります。会社の営業成績はもちろん、プライベートでもSNSなんかでフォロワーが何人いるか?とか、いいね!をいくつもらったか?とか・・・。

常に他人の目を意識して生きて行かざるを得なくなっています。

 

本来のあなたとは違うあなたを演じながら振舞っているときもあるでしょう。自分の意見や主張があっても評価的にはどうなんだろう?そう考えて無難な答えでその場を凌いだり。

そんな毎日を繰り返していると本当に疲れるし、そこに関係している人達と関わるのことで気持ちが落ち込むのは当然

 

人と意見が衝突することを恐れている

とにかく周りとの調和を崩すと目を付けられたり、裏で何を言われているかわからない。知らぬうちに自分一人孤立して、気が付いたらあなたの理解者は誰もいなくなっていたりとか。

そんなことまで考えて行動しないといけない社会になっていると感じます。

当然、ちょっとした意見の食い違いやすれ違いが誤解を生んで、人間関係にまで影響して気が付けば、また一人になって。

 

そう考えると組織の中では、敢えて人と違う意見を言ったり、人の意見に真っ向から反論したりすることに何の意味があるのだろう?と思っても当然。いつしか自分の意見・主義主張は封印してなんとなく空気を読んで、周りの状況を忖度して右にならえ

 

個の埋没です。もちろんすべての組織がそうだとは言いませんが、いまだに多くの組織がそんな感じではないでしょうか?

その証拠に言いたいことも言えず、正しいことすら曲げられて、結局自分の体を壊したり、会社にいられなくなったり、そんな話は今でも毎日のように聞きますし、ニュースになったりもしています。

 

寂しいけど人と関わりたくない時はどうしたらいいか?

完璧でない自分を認める

結局、自分という存在をどう扱っていいかがわからないからこうなるのです。自分が自信に満ち溢れ、自分の言うことは絶対に正しい、反論も受けて立つ。そんな人もたまに見かけますが、なかなかなれるもんじゃありません。

 

自分がそうであれば、言いたいことを言って、やりたいようにやって、そして結果さえ残せばいいんでしょう、なんていう感じになるんだろうなぁ、とは一度や二度考えたことがあるはず。

そんな人になれたらなぁ、というふうに。

 

でもよく考えてください。完璧な人はいません。これは間違いないです。世界的に名の通った企業家や著名人、彼らも自分のことに決して満足していません

今の自分はこんな自分だ、とまず冷静に考え地に足を付けましょう。そしたら無理に「できる人間」を装わなくてもよくなるから。

他の人もみんなそうです。それを常に頭においておけば、少しぐらいの失敗や他人の言葉はどうでもよくなります。試してみて下さい。

 

自分は自分を意識する

自分は自分です。あなたにしかできないこと、あなたの目でしか見つけられないもの、あなたでしか感じられないもの、必ずあります。人の望む自分を演じたり、作ろうとすると本来のあなたの持ち味が台無しになります。

 

あなたを見ている人も結局日々不安を感じながら生きているのです。あなただけじゃなく案外みんなそうなんです

そう思うと少しは気持ちが楽になるはず。なので「この人も私と同じ悩みを抱えている、日々不安なんだ」と思うと、これまで関わるのが疎ましかった人に親近感を覚えるはず。でも実際そうなのです。

あなたと同じことをみんな感じている、と思えば気も楽になるでしょう。

 

少し上から自分を見てみる

いつも目先のことで気持ちも頭もいっぱいいっぱい。時間にも自分にも余裕がなく自分を振り返るゆとりさえない。仕事に追われ、時間に追われ、休みの日以外は常に頭の中が満タン。

そんな時に提案ですが、今の自分はどんなだろう?と少し上、天井くらいから自分を見てください。

きっと「ああ、かなり感情的になっているなぁ」とか「表情に余裕がないなぁ、空気が悪くなっているよ」と、いっぱいいっぱいのあなたでは気が付かなかったことがどんどん見えてくるはず。

 

それが少しでもできると、あなたにも心のゆとりができるはず、また自分を観察することがちょっと面白いと思えるようになるはず。

 

最後に

 

人と関わりたくないと思うのは悪いことではありません。あなたが繊細な神経を持っているということと、今の暮らしではそうなっても当たり前。くれぐれも自分を責めることだけはやめましょう

人と関わりたくないけど、寂しくなるのはごく自然の反応なのです。なぜなら「人は社会的動物だ」と、かのアリストテレスも言っているように、人は人との関わりが無くては生きていけないのです。

本来そういう動物なのです。ただ、今の世の中がそう思わせているだけで、人と関わることはあなたにとって必要で本当は素晴らしいことなのです。

 

無理は禁物ですが、そのことだけ頭の片隅に置いておいてください。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければご協力をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ