Pocket

 

社会人になって働きだすと時間の流れが速くなり、年齢を重ねるとさらに時間の流れが加速する。ついこの前、年が明けたと思ったらもう年末、暑くなったと思ったらもう涼しくなっている。誰もが感じること。

 

人生をやり直したいと思っているあなたはそんな時こういうふうに思いませんか?

 

「やり直したいと思っているうちにどんどん時間が過ぎていったけど、今からでもやり直せるのかな?

 

やり直すのに手遅れな年齢があるのか?それは何歳なのか?それともこのままで積み上げてきたものを守りながら生きるのか?

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

 

 

人生をやり直したいと思っているのはなぜ?

 

あなたはどうして人生をやり直したいと思っているのでしょうか?

 

お金に困っている、人間関係で悩んでいる、自分の性格が嫌い、仕事があっていない、彼女に振られて立ち直れない、会社が倒産した、などなど、人によっていろんな事情があります。

 

でも、ひとつ間違いなく言えるのは「過去に戻ってやり直すことはできない」と言うこと。

 

そう、過去を変えるのは不可能なので選択肢は一つしかありませんこれからの人生をやり直す

 

まず、あなたがやらないといけないのは、漠然と何かあるごとに「あの時こうしとけば・・・」と、夢の世界に入ることをやめることです。過去は変えられない、戻ることもできないという当たり前のことを、しっかり自分で意識して、その妄想の世界に入りびたる癖を治すこと。

 

昔を懐かしむことを否定しているわけではありません。過去の楽しい思い出、旅先の素晴らしい景色、小さかった時の子供の笑顔、これらを思い出すことは、あなたの心の癒しにもなりますし、疲れている心を元気づける薬にもなります

 

そして何よりあなた自身の存在感、人生の歴史を感じることができるから。

 

でも、それを現実逃避の道具としてしまって、今の状況から目を背け、妄想の世界に浸りきってしまうと、全くの逆効果になります。

 

あなたが今やることは、過去は過去、未来は未来としっかり認識して、何から手を付け始めるかを考えること。

 

では、どうすれば良いのかを具体的に考えていきましょう。

 

人生をやり直すにはどうすれば?それは今からでも遅くない?

 

では人生をやり直すにはどうすれば良いのでしょうか?またやり直すにはもう遅い、ということはないのでしょうか?

 

自分を見つめ直す

まずあなたがやるべきことは、今のあなたを見つめ直すこと。あなたが「人生やり直したい」と、思ってしまう原因について冷静に考えてみてください。

 

例えば「仕事が自分に合っていない」ということであれば、ならどんな仕事が合っているのか?そんな仕事が具体的に思い浮かぶのか?もしその仕事に就けたとして、その時のあなたの置かれた状況とか職場の雰囲気をできるだけイメージしてください。

 

新たに一から新しい職場で仕事を始め、人間関係も作っていかなければならない。人付き合いは得意な方か?すぐに打ち解けるタイプか?なども併せて考えてみましょう。

 

そしてイメージをしっかりした上で行動に移すのです。で、なければ、また今と同じ繰り返しになるから。自分の理想の仕事に就いている人はほんの一握り、あなたが望んでいるものを完全に満たす職場はありません。給料が高ければ仕事がきつい、休みが多ければ年収が低い。それが社会の摂理。

 

仕事だけでなくあなたが思っている他の原因についても、たな卸ししてみましょう。漠然と感じていたものがはっきりと見えてくるから。

 

その上で今の状況を改善するべく、行動をする。続けるのも変わるのあなたの選択。そういったプロセスを経て決めたことは、あなた自身のその後の行動にも責任が持てるから。

 

感情や勢いで決めたことは後で後悔しがち。熟慮して決断することが大事。

 

すぐに行動する

人生をやり直すうえで、「今からでは遅い」なんていうことはありえません。もちろんいろんな意味がありますが。仕事を変わるには比較的受け入れ先が広い年齢とそうでない年齢があるのは事実。それはあなたにはどうしようもありません。

 

ただし、考えて決断して行動に移すことに意味がある。違う仕事に就きたいと日々思いながら、目の前の仕事に集中できずに業務に臨むのと一旦区切りをつけて「仕事を変わる」と思って行動に移した結果、それが叶わなければ、今の仕事でやるしかないと覚悟を決められます

 

そういう意味でやり直しをするのに遅いということは絶対にありません。例えば何かを始めようとして三日坊主で終わることもありますが始めないよりは絶対にいいということ。

 

人生のやり直しというと大げさに聞こえますが、ちょっとしたことでもいいのです。習慣を変える、気持ちを少し変える、相手に対する言葉を変える、きっかけは小さなことからで構わない。それがあなたの気持ちを変え、行動につながる。

 

自分を認める

やり直したいという気持ちが強いからと言って、今のあなたを否定することはありません。あなたはこれまでの人生で数えきれないぐらいの選択をしてきて今のあなたがある、その選択の都度あなたはいろんなことを考えて今の自分を作っているということ。

 

自分に誇りを持っていいのです。その上でさらに磨きをかけるという意識で行動を起こしていく。自分を否定すると様々なマイナスの力があなたに働きます。

 

開き直って「今の自分の何が悪い」ぐらいに考えましょう。上を見ても下を見てもきりがないから。

 

最後に

 

多くの人が今の人生に満足していません。それは仕方が無いこと。過去は変えようが無いし、これからどういう気持ちを持って行動していくかを考えた方がはるかに生産的。

 

アメリカの老人へのアンケートで実に7割程度の人が自分の人生に後悔していると答えています。その一番の原因は「チャレンジしなかったこと」だそうです。

 

日々の漠然とした不満や違和感、冷静になぜなのか?を考えて、それを解消するべく

「チャレンジ」しましょう。

 

参考:人生で最も後悔している、と7割の老人が言っている内容は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければご協力をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ