Pocket

 

あなたの毎日は充実していますか、楽しく過ごせてしますか?

 

学生時代はサークルに旅行に友人との心の交流等、楽しい思い出がありますよね。もちろん思いを寄せている相手に振られたなんてほろ苦い思い出もあるかもしれませんが・・・。それはそれで今から思うとまぶたの奥にあの頃の光景が広がって、懐かしいいい思い出。

 

楽しかった学生時代も終わり、これからは社会人としてバリバリ働いて、いっぱい稼いで、幸せな家庭を築いて、そして・・・。と、思って明るい将来を社会人として働くということに描いていたんじゃないですか?

 

今もその気持ちは変わっていませんか?

 

 

 

 

社会人になって何が楽しいかわからない、その理由は?

 

社会人になる前は仕事に対していろんな夢や希望を持っていたあなたが、いざ会社に入り何年か経つと楽しくないと感じるのはなぜでしょう?

毎日が同じ繰り返し

一部を除いてはあなた個人が一日行う業務というのはだいたい決まっています。当然、今日が終われば明日、明日が終われば明後日と、同じ業務が続きます。

 

そこであなたはその業務に飽きてくる。そしてつまらない、面白くない、楽しくない・・・と。会社の仕事なんて本来そんなもの。ではなぜ最初はつまらないとはならないのか?それは、まだ仕事を覚えられていないので、毎日が大変で必死でつまらないとか面白くないとか感じる余裕がないから、ましてや楽しいなんて。

 

でも数年たってくると仕事も覚え取引先とも関係ができ余裕も出てくる。後輩も入ってきて仕事を振ったりして。そうなると余裕が暇に感じたり、仕事自体が単調でつまらないものと感じてくるのです。

 

仕事を嫌々やっている

仕事が楽しくて楽しくて仕方が無い!と思って仕事をしている人も世の中にはいます。でもごく一部。多くの人は好きでもない仕事を収入を得るため、嫌々、渋々仕方なくやっているもの。

 

嫌々やっているとおのずと成果もそれなりの成果しか上がらないもの。そうすると同期同士の出世レースから遅れを取ったり、もちろんそれに比例して給料も上がらず。

 

そうするとますます仕事が嫌になり転職することを考えたり、負のループに入る。それでは楽しい訳がない。それでも在職している以上はやらなければいけない、当たり前ですが。

 

目標が見つけにくい

会社で働く上での目標ってどんなものでしょう?個人の業績アップ、イコール会社の業績アップ?結局会社に勤めている以上、給料をもらっている以上、会社の業績をアップさせるための仕事。ではあなた自身の人として個人的な目標は?と聞かれたら何と答えますか?

 

仕事を通してのコミュニケーション力向上、業務上のスキルと知識の蓄積?何か仕事から離れられていませんね。そうなんです、一日の大半の時間を仕事に捧げていますから、あなたの人生は仕事を中心に回っているのです。だから目標が見つからない、見つけにくいのです。

 

先が見えている

会社勤めは安定を得られるもの、よほどのことが無い限り。但し、裏を返せば大きな変化や劇的な展開は求められないもの。入社して何年かしたら主任になって、その次に係長、課長、そしてうまくいって部長。社長を目指す人などごくわずかでしょう。

 

そして60歳を迎えたら定年。社内でそんな光景を毎日見ているので、明日の自分、一年後の自分、将来の自分が簡単に想像できます安定は決して楽しいものではないから、つまらなくなるのです。

 

仕事以外することが無い、趣味がない

あなたの時間は大半が仕事に費やされていますので、なかなか仕事以外での人間関係や交流が作れません。もともと持っていた趣味もいつしか仕事に時間を取られ、することもなくなりました。

 

ということで、ますますあなたは人生に仕事しかなくなってしまいます。それでも家族のため、収入のためと自分に言い聞かせ頑張るのですが。

 

どうすれば人生がつまらない・・・から脱出できるか?

 

あなたが人生がつまらない、社会人は楽しくない、と感じる原因をわかっていただけましたでしょうか?

 

要するに今の状態は 人生=会社 という構図になっているから。会社での仕事が人生の中心になっているのです。ではどうしたら人生を楽しく過ごせるのでしょう。簡単に言えば 人生=会社 という構図を変えること。

 

具体的にどうするか?

趣味を持つ

とにかく会社以外のあなたの世界を作りましょう。会社だけがすべてではないということをあなた自身がまずしっかりと自覚するのです。そして、趣味に没頭することができればあなたに必ずプラスになります。それは将来あなたの身を助けることになる可能性もある。また趣味で得た達成感が必ず仕事にも生きてくるから。

友人をつくる

趣味を通してでも構いません。会社以外での人間関係をつくるのです。それがあなたに刺激を与えまたストレス発散や、いつもの愚痴だけをいう関係ではないことから、マイナス思考から変われるきっかけにもなる。その友人から思わぬ情報や知人を紹介されたり、あなたの人生にプラスになることだって、必ずあります。

旅行に行く

毎日=会社、ここから抜け出すにはちょっとやそっとじゃ無理。一人でも友人とでも構いません。非日常を経験することで見えてくるものが必ずあります。「空を見上げて自分はなんてちっぽけな存在だったんだ・・・」みたいな。旅先で見る絶景は必ずやあなたの価値観に影響を与えてくれます。旅行に行きましょう。

人の役に立つことをする

厳しい同僚や同業他社との競争であなたはもう身も心もボロボロ。人のいいあなたは他人を蹴落とすこともできず、その結果大きな成果を残すにも至らず、気持ちだけがそのジレンマで疲れ果てています。

 

そんな時は勝ち負けに関係ないこと、例えば人の役に立つことなんかをしてみることも、思わぬ気分転換や新鮮味を感じたり、何より自分が必要とされている、人の役に立っているということを感じることができるはず。きっと新たな気持ちで仕事に向かうことができます。

 

仕事に打ち込む

これができれば、それ以上のものはありません。でも打ち込むにはやはり楽しいという感情が必須。「好きこそものの上手なれ」一番は仕事のことを好きになれればいいのですが。それが難しいなら小さなことで構いません、目標を作って少しずつでもやり遂げ達成感を得ましょう。その積み重ねで実体験として、仕事はできるという感覚が身に付きます。いずれにしても嫌々では結果を残すことは困難だから。

 

最後に

 

いかがでしたか?多くの人は仕事を中心に人生を過ごしています。その人生が充実したものだったと感じる人もいれば、人生の終わりにもっといろんなことをするべきだった・・・と、後悔する人も。

 

少なくともあなたには、後悔をして欲しくないですし、今の時点で人生を意味のあるもの、この世を生きていくに相応しいものと感じてもらえると幸いです。

 

行動を起こしましょう。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ