Pocket

 

あなたは自分の存在を不思議なことと思ったことはありませんか?

自分はいったい何のために生まれてきたのだろう?自分の生まれた目的は何なのだろう?何をするべきなんだろう・・・?

運命の存在を信じるか、信じないか?あるとしたらもうすでに結果は決まっており、自分がどうあがいてもそこに向けて進んでいるのか?

 

私も一時期そういったことをよく考えていました。でも受験をしたり、就職活動をして社会人になり、毎日が忙しくなるとあまり考えることも少なくなりました。

でも日々に虚しさを感じたときなどには「自分はいったい何をしているのだろうか?」「こんなことをするために生まれてきたのか?」なんて考えてしまうことがよくあります。

 

そんな時にどういう行動をするべきか?考えるべきことは何か?など考えてみます。

 

 

 

自分の存在が不思議だと感じるときはどんな時?

 

子供のころ将来の夢を語ったりするときに、私は○○になりたい、僕は○○になりたい、なんて卒業文集にも書いたものです。なれるかなれないかは置いといて、単純な憧れから自分の夢として、言っていました。

 

その時には、どうして自分は生まれてきたのだろう?とはあまり考えたりしないはず。なぜなら子供のころは、そこまで自分の存在に疑問を持ったりしていなかったから。

 

一方であまり恵まれていない境遇だったりすると、どうして自分だけ人と違うのか?どうしてこの家に生まれてきたのか?なんて考えることはあったはず。

 

私も理由はいろいろですが、人と違うことを恐れているところがあったので、そのたびにびくびく「どうして自分だけ・・・」なんて考えたことはあります。

 

でもそれはあくまで、子供頃の感覚で人と自分を比べたうえでの感情の問題だったのですが、人はそれぞれ役割があってその役割を成し遂げるために生まれてきた、なんていう言葉を聞いたことがあります。

 

自分の役割?

 

そんなものがあるのでしょうか?

自分の役割はなかなか考えても答えを出すのが難しかったりしますが、でもあなたのまわりを見てください。

この人の役割はこれだ!という人は大勢いませんか?

例えばその歌唱力と曲を作る能力を存分に発揮して人々を魅了するミュージシャン、みんなが欲しいと思っていた便利なものを次々に生み出す家電メーカーの社長、暮らしを良くするために奮闘する政治家(いろんな人がいますが)

 

そう考えると役割はあるのだな・・・と。

 

どうして自分の存在が不思議だと感じるのか?

 

では、自分の存在が不思議に感じるときって、どんな時でしょうか?

それは、やはり今の人生に行き詰ったときが一番多いのではないでしょうか?

何もかもうまくいっているときは、そんなことは考えないはず。なぜならそういう時は悩みや迷いが少ないから。

 

自分の存在が不思議だと感じたり、存在に疑問を持ったりするのはその時点で人生に迷っているからです。

 

自分は何をするために生まれてきたのか?イコール今自分がやっていることは、本当に自分がやるべきことではないのではないか?イコール他のことをするべきなのではないか?という感じ。

 

現状に行き詰まっているから、自分の存在をあれこれ考えてしまうということ。目の前に立ちふさがった壁に対して超えられるだろうか?無理なんじゃないか?そう思っているのです。

 

だから無理してこの壁を超える努力をするのではなく、壁が無い違う方向に進むべきなんじゃないか?と。

 

つまり現実から逃げようとしている、ということ。

 

自分の存在が不思議だと感じたときにどうするべきか?

 

もちろんそういうケースだけではありません。

でも自分の存在を不思議と感じるのは、いずれにしてもあなたが置かれている環境・状況の中で立ち止まっているということに違いはありません。

では、そんな時はどういう行動をとるべきなのか?どんな考え方をするべきなのでしょうか?

 

意識・無意識の別はありますが日々、数知れない選択をあなたは行っています。その結果が今のあなたということ。あなたが不満に思ったり、疑問に思ったり、また納得のいかない理不尽だ、と思える環境にいるとしたら、それもあなたが選択したこと

 

もちろん度が過ぎる環境なら、あなたの選択でそれを変えることも可能。

しかし、そこで過去のあなたの行動を振り返ってみることが重要。これまでにも同じようなことが無かったか?その時にどんな選択をして、どんな結果を招いたか?

 

いずれにしても今のあなたが迷っているなら、その時の選択も間違いなく一つの原因と言えます。

 

もう一つ言えることは、どんな選択肢を選んでも、困難は必ず待ち受けているということ。必ずしも楽をしようとして方向を変えようとしているのではなく、それが最善の選択だとしても困難は必ずやってきます

 

自分自身としっかり約束をして、方向性を決めることが大事。そして自分自身に言い聞かせること。「この選択は自分が十分に考えて決めたこと、何が起こっても自分の責任である」と。

それを考えたうえで、今の状況にどう対応するのかを、今一度考えてみることもいいのではないですか?

 

最後に

 

自分に起こることはすべて自分にプラスになることである。自分に解決できないことは自分には起こらない。」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

しんどいと感じるときは自分が成長しているということに間違いありません。脳科学の先生が「何かを考えたり、思い出そうとして必死に考えている時こそ、脳が活性化している」と言っていますよね。

 

あなたの意識とあなたの脳の発達は同じように感じていません。あなたがしんどければしんどいほど、実は成長しているということを意識しましょう。

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければご協力をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ