Pocket

 

自己実現と言う言葉をよく耳にしますが、あなたも自己実現を成し遂げたいと思ったことがあるのではありませんか?

その時にイメージした「自己実現」はどんな意味合いだったでしょうか?

 

おそらくあなたが思い描いている「夢を達成すること」もしくはその夢の達成に向けて「努力し成長すること」をイメージしていたのではないでしょうか?

 

一般に使われる「自己実現」はだいたいそんな感じで使われることが多いです。

しかし専門分野で使われる「自己実現」の定義は少し違っています。

 

その意味を理解した上で自己実現の達成に向けた行動をしてみましょう。

 

 

 

自己実現とは何か?

 

「自己実現」という言葉を聞いて多くの人が思い浮かべるのは、だいたい自分の長年の「夢を達成する」というような印象ではないでしょうか。

夢を達成するためにいろんな努力をして、その夢の達成と同時に努力をしてきた自分自身も人間的に成長する。

 

そんなイメージではないですか?

 

一般的なイメージではそう捉えられていますが、心理学上は少し違った定義です。

もちろんあなた自身の解釈として自己実現をそう捉え、それを精神的な支柱として自らを研鑽することは非常に素晴らしく、またそれも必要なこと。

 

ただ本当の心理学上の定義や意味合いを理解して日々取り組むとまた違った人間的な成長や学びも多いはずなので、この機会に覚えていただくのもいいのではないでしょうか。

 

自己実現の正しい意味とは?

では「自己実現」の正しい意味・定義とはどんなものでしょうか。

心理学者マズローによると以下のように解説されています。

 

自己実現とは「ありのままの状態」ということ

でもこれだけでは、まだわかりにくいのでもう少し掘り下げてみましょう。

そもそもありのままの状態とはどんな状態なのか?マズローによると「人間はすべての欲求を満たすことで、人間本来のありのままの姿になり、この人間本来の姿になっていることを自己実現と言う。」と説いています。

 

ではもう一段掘り下げて、「人間本来のありのままの姿」とはどういう状態なのか?「すべての欲求を満たす」とは?

まず人間本来のありのままの姿のことを下記のように言っています。

 

  • 先入観を持たず物事をありのままに捉えている
  • 客観的に物事を判断し、感情的にならない
  • 常に超然としていて不運なことが起こっても悩まない
  • 自分以外の他人を助けることに幸福を感じる
  • 他人と自分を両方とも尊重できる
  • 勇気をもって物事にあたり失敗を恐れない
  • 周りがなんと言おうと、その意見に流されず、自分自身で意思決定ができる

 

つまり「ありのままの姿」とは自分が偽りなくやりたいことは社会貢献になることでありその「すべての欲求を満たす」とそれがすべて社会の役に立つことである、ということ。

 

どうですか?あなたがイメージしていた「自己実現」とは違っていたのではありませんか?

 

ただ、これはあくまで心理学用語であり、一般に使われている自己実現の語源のようなもの。あなたが日頃思い描いている自己実現の意味合いと違ったからと言って、それがいけないことでもなんでもありません

 

でも自己実現をするためにはどうすればいいのか?ということが一番気になるところです。上記のありのままの姿を踏まえて考えていきましょう。

 

自己実現を達成する方法?

自己実現の段階を知る

自己実現を達成するためには段階を踏む必要があります。人にはいろんな欲求があり、最後に自己実現の欲求が来るということ。まず基本的な欲求から順に満たしていくことが必要であり、それは下に記した5番目からの欲求ということになります。

 

1.自己実現の欲求  ⇒ 自分の持つ能力や可能性を最大限に発揮したいという欲求

2.承認欲求 ⇒ 自分の属する集団や周囲から価値ある存在と認められたいという欲求

3.社会的欲求 ⇒ 分が社会に必要とされていると感じたいという欲求

4.安全欲求 ⇒ 安全、健康、住居・経済的安定などの欲求

5.生理的欲求 ⇒ 食事、睡眠などの生命を維持するための欲求

 

他者からの評価を自己評価へ変える

自己実現を達成するためには他人からの評価を気にしていてはいけません。人からの評価は所詮人からの評価であって、評価する人によってもバラバラです。他人からの評価は上記の承認欲求に当ります。

 

自己実現を達成するために「自分に何が足りないのか?」を自分で考え、見つけ出しそれを一つずつ補っていくことが大切。

つまり他人が「十分できている」という評価をしていても自分でできていないと感じるのであれば、自分で納得がいくまで努力をするべき。

他人の評価は無視しましょう。

 

今の自分の姿を知る

自己実現を達成しようとする前に、今のあなた自身の姿を冷静に知ることが重要。まずは自己分析をしてください。

そして今のありのままの自分をまずは受け入れて、自分は本当はどうしたいのか?どうなりたいのか?をじっくり考えるべき。

また、自分の得意なこと、不得手なこと、強み・弱みを再度確認するのです。

 

目標についても、人と比較したり誰かに言われたことを目標として設定するのではなく、自分自身で考えゴールを考え目標を決めるべきです。無理な目標や気持のこもっていない、人の目を気にした目標は意味がありません

 

行動に移す

目標を決めたらすぐに行動に移すべきです。

一日少しずつでも構いません。とにかく目標に向けて何らかの行動を、小さなことでもいいので実行すること。それが習慣になり、目標に向けた行動を起こさないと、気持ち悪くなるくらいまで無理にでも行動すべき。

だから無理な目標を立てると行動に移せなくなるということ。

頭の中で考えることは簡単ですが、行動に移すとなると最初は億劫だったりしんどかったりするもの。

自己実現を達成したいのであれば、とにかく行動あるのみです。

 

目標を達成し自己実現したイメージを持つ

自己実現を達成するためには、成功したときのイメージをあらかじめ持っていることが非常に重要です。

どんな人間になって、どんな行動をして、どんな人たちと付き合い、その人たちに自分が何を提供できるのか?詳細なところまでイメージをすることで、脳がより一層実現に向けてあなたを誘導してくれるはず。

 

漠然としたイメージでは脳の働きを十分に発揮することができません。すでに現実に起こったかのように細かなところまでイメージすることで脳がそれが起こるべきことで、起こるのが当然である、と認識します。

そうすることであなたの行動をより確実なものにできるから、自分の脳を味方につけることが大切。

 

最後に

 

自己実現をしたいのであれば、まず自己実現をしたいという欲求を強く持つことが必要

まずは「成功したい、お金を儲けたい」という自己欲求の実現でも構いません。でもその欲求が叶えられると、次第に私的な欲求から社会に貢献したいという、公の欲求に変わってきます。

最初にお話ししましたように、自分の欲求の実現が社会に貢献することが、自己実現と言えます。

 

いきなり社会への貢献は簡単にできるものではありません。まずはあなたの生活やあなた自身が満たされた後に、そういった欲求が出てくるということ。

その過程をあなたも体験してみてください。

 

 

自己実現を体験したいあなたに

アメリカの大学で心理学を学んだ、米国催眠療法協会(ABH)認定ヒプノセラピストによる本格的な催眠療法の自己学習プログラムです。講師はこれまで483名ものクライアントを実際に診察しており、豊富な経験にもとづいた信頼できる内容です。

参考 ⇒ 自己実現とは何か?自己実現をわかりやすく言うと

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければご協力をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ