Pocket

 

「華がある」人の「華」とはどういう意味でしょうか?

華があるというのは文字通り「華やかである」、他に「美しい」「素晴らしい」と「人を惹きつける」という意味があります。最後の人を惹きつけるというのが、まさに「華がある」ということではないでしょうか。

あなたのまわりにも華がある人が一人はいるはず。

ではあなた自身はどうですか?華がある人ですか?

華がある人は独特の雰囲気を醸し出しています。自分もあんな人になれたらいいのに・・・と、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

では、華がある人とは具体的にどんな人か?また努力すれば華がある人になれるのかどうかを考えてみましょう。

 

 

 

 

華がある人とはどんな人?

独特のオーラを放っている

華がある人というのはその人が持つ独特のプラスのオーラを放っているもの。オーラとはその人が持つ内面の精神的エネルギーのようなものと言われ、その人の体のまわりを覆うようにして、現れるとも言われます。

当然人によってはマイナスのオーラを放っていて、精神状態が悪い、マイナス思考、そして健康上の問題で体のエネルギー自体が弱まっており、それが表れるとも言われている。

 

健康である

華がある人は必ず健康です。それは華がある人の特徴として「声に張りがある、肌ツヤがよい」などが挙げられますが、いずれにしても健康でないと張りもツヤも出せません。

また、体に異常を感じたり、持病があると細かな仕草や表情にも表れます。同時に健康であるというのは、その人が何よりその重要性を理解していて、普段から体調管理や健康を維持することに注意を払っています

 

健康状態がいいと余裕が生まれ、おおらかに人と接することができる。

 

明るい存在感がある

華がある人と聞いて、明るい存在感は欠かせません。どこから明るい存在感が生まれるのでしょう?

それはまずファッションに個性があることが挙げられます。ただ流行を追うのではなく、独自のアレンジや色遣いをミックスしたり、また身のこなしが軽やかなため、余計にファッションが際立つのです。

 

自分で自分の魅力を理解しているので、どこをアピールすれば良いかもわかっている。自己演出力に長けているということ。

当然、表情も明るく笑顔を絶やさないため、その人が光り輝いて見えるのです。

 

雑念がなく物事に強い集中力を発揮する

華がある人は遊びも仕事も全力で取り組みます。そして他の人よりも高い成果を出す。それは一度取り組んだら雑念を払い、強い集中力を発揮して取り組むから。

 

集中力を発揮して取り組んでいる姿勢は周囲から一目置かれ、また結果にもつなげることでさらに頼もしく、信頼感も強くなる。

スイッチの切り替えが上手く、時間の使い方の重要性もしっかり認識しており、その集中力と相まって短時間で依頼を仕上げたり、成果を出すこともしばしば。

 

人が何かに集中している姿は美しいということ。

 

自信に満ち溢れている

華がある人は自分に自信を持っている。自信と言ってもすべてにおいて優れているから・・・、ということではなく自分自身をよく理解しているということ。

言い換えれば自分のすべてを理解し、それを受け入れているということ。当然、苦手なものがあったりしても自分で理解しているから、どう対応したらいいかを自分で良くわかっている。なので、そこでうろたえたり、オロオロしたりすることが無い

 

苦手だ、できない、ということをよくわかっているからこそ、どうしたらできるのか?どうやって克服すればいいのか?に考えが向く。苦手だからやりたくない、できないから諦める、という選択肢を取らない。

 

常に前向きに物事に取り組んでいる姿勢が周囲からは華やかに映るということ。

前向きに対処しようと考えるから不安やマイナスのオーラが周りからはうかがえない。それが自信を持っている、と感じさせるのです。

 

華がある人になるためにするべき行動とは?

物事をプラスに考える

お話ししたように、マイナス思考では負の思いがあなたの表情や仕草に表れてしまいます。考え方というのは習慣になっているもの。物事をマイナスに考えてしまう人は何事も常にマイナス面で考えてしまう

 

まだ起こってもいないことに不安を覚え、それがあたかも起こってしまうかの如くイメージしてしまう。するとやる前から諦めていたり、どうせ成功しない・・・などと、本来の力を出すことが出来なくなる。

当然、後ろ向きの姿勢が周囲までもマイナスに染めてしまう。

 

プラスに考えることで、あなた自身も成長するし物事も好転する。マイナス思考とは反対のことが起こるということ。そうするとどんどんプラスのスパイラルに入り、予想外に何事も上手くいったりするもの。

 

自分の良い面を伸ばすことを考える

人には良い面も悪い面も両方があるもの、完璧な人間なんていません。それをまず受け入れて、自分のことをよく考える。

どこが自分の良いところか?優れているところか?好きなものは何か?それがわかると、次はそこに意識を集中して伸ばしていこうとするのが正解。

 

今さら劣っているところや苦手なものを克服しようとするよりは、得意な分野を伸ばしていく方が、結果が出るということです。

嫌なことを無理してやるより、その時間を得意なものを伸ばす時間に使う方がよほど有意義だというものです。

 

華がある人と付き合う

プラスのオーラは周囲をも染めていくもの。愚痴をこぼす仲間同士で集まって、寄ってたかって愚痴をこぼしていても、その時はなんだかストレスの発散になったような気がしても、所詮それだけのもの。

 

それよりも物事を建設的に考える人となるべく時間を共有することが、あなた自身に良い影響を及ぼすことは間違いありません。

あなた自身もそのプラス思考に染められ、それが習慣となると自然と物事を前向きに考えらることが習慣になるはず。

また、お互いが良い影響を与える者同士で集まった方が時間も有意義なものになります。

 

心の充実感も一層強いものに。

 

そうして良い影響を受けて、どんどん自分を磨いていくことで、すぐに・・・とはいかないですが、あなたも自然と「華がある人」に必ず変わっていきます。

 

最後に

 

華がある人・・・。中にはそういう雰囲気を生まれ持っている人もいます。

ただ、多くの人はその生き方、習慣、考え方によってその人自身が作られていき、長い時間をかけた結果「華のある人」になっていくのです。

あなたの行動や言動、考え方はあなたの見た目やイメージを作ります。マイナス思考をしていれば、目の前の難題から目を背けることはできますが、あなたの成長を考えると得策ではありません。

 

「華のある人」になるために物事を前向きに考え、あなたの前に立ちふさがる問題を次々に解決していくことが、一番の近道なのです。

 

あなたに起こる問題は必ず解決できる問題です。あなたに解決できない問題はあなたには起こることはありません。

 

参考⇒不思議なオーラと空気感に包まれた魅力ある人になる方法とは?

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければご協力をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ